三浦しをんおすすめ小説!売れ筋人気ランキングベスト10!

舟を編む (光文社文庫)

今日は、人気作家「三浦しをん」さんのおすすめ小説をランキングでまとめてみました!

三浦しをんさんと言えば、月魚やきみはポラリス、またエッセイの作品も面白いと人気の作家ですが、何かおすすめを探している方は、是非参考に!

【人気順】三浦しをん おすすめ売れ筋小説ランキングベスト10!

今回は、レビュー数の多い人気順で紹介します!

是非、参考にどうぞ!

10位 

光 (集英社文庫)

三浦しをん渾身の長編小説!

島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守るため、ある罪を犯し、それは二人だけの秘密になった。それから二十年。妻子とともに暮らしている信之の前に輔が現れ、過去の事件の真相を仄めかす。信之は、美花を再び守ろうとするが―。

★★★★★30件超えのレビュー

詳しく見てみる

9位 木暮荘物語

木暮荘物語 (祥伝社文庫)

ボロアパートを舞台に贈る〝愛〟と〝つながり〟の物語。

小田急線の急行通過駅・世田谷代田から徒歩五分、築ウン十年、全六室のぼろアパート木暮荘。そこでは老大家木暮と女子大生の光子、サラリーマンの神崎に花屋の店員繭の四人が、平穏な日々を送っていた。だが、一旦愛を求めた時、それぞれが抱える懊悩が痛烈な悲しみとなって滲み出す。それを和らげ癒すのは、安普請ゆえに繋がりはじめる隣人たちのぬくもりだった…。

★★★★★40件超えのレビュー

詳しく見てみる

8位 きみはポラリス

きみはポラリス (新潮文庫)

思わず笑う、面白い!と人気の三浦しをんが描く恋愛小説!

どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛……言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとして同じ関係性はない。けれど、人は生まれながらにして、恋を恋だと知っている──。誰かをとても大切に思うとき放たれる、ただひとつの特別な光。カタチに囚われずその光を見出し、感情の宇宙を限りなく広げる、最強の恋愛小説集。

★★★★★40件超えのレビュー

詳しく見てみる

7位 星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)

涙と笑いの、三浦しをん渾身のエンターテインメント小説!

川田幸代29歳は社史編纂室勤務。姿が見えない幽霊部長、遅刻常習犯の本間課長、ダイナマイトボディの後輩みっこちゃん、「ヤリチン先輩」矢田がそのメンバー。ゆるゆるの職場でそれなりに働き、幸代は仲間と趣味(同人誌製作・販売)に没頭するはずだった。しかし、彼らは社の秘密に気づいてしまった。仕事が風雲急を告げる一方、友情も恋愛も五里霧中に。決断の時が迫る。

★★★★★50件超えのレビュー

詳しく見てみる

6位 月魚

月魚 (角川文庫)

三浦しをんワールド全開!と言われる人気作!

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。月光の中で一瞬魅せる、魚の跳躍のようなきらめきを映し出した物語。

★★★★★50件超えのレビュー

詳しく見てみる

5位 仏果を得ず

仏果を得ず (双葉文庫)

圧倒的な高評価!成長を描く、三浦しをん青春小説の傑作!

文楽に情熱を傾ける若手大夫の奮闘を描く青春小説。健は大夫の人間国宝・銀大夫を師匠にもつ。ある日師匠から、技芸員から「変わり者」と噂される三味線、兎一郎と組むように言われる。不安と戸惑いを覚えながら稽古に臨むが、案の定、兎一郎は全く違う演目をひき始める……。

★★★★★50件超えのレビュー

詳しく見てみる

4位 神去なあなあ日常

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

面白くてどんどん引き込まれる!と話題の三浦しをん人気作!

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。

★★★★★100件超えのレビュー

詳しく見てみる

3位 まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

ラストで号泣。。! 第135回(平成18年度上半期) 直木賞受賞作品

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。

★★★★★100件超えのレビュー

詳しく見てみる

2位 風が強く吹いている

風が強く吹いている (新潮文庫)

感動して泣ける!構想・執筆に6年かけた、超ストレートな名作青春小説!

箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。

★★★★★200件超えのレビュー

詳しく見てみる

1位 舟を編む

舟を編む (光文社文庫)

とにかく面白い!と話題の1冊。2012年本屋大賞 大賞受賞作品!

出版社の営業部員・馬締光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作!

★★★★★300件超えのレビュー

詳しく見てみる

最後に

以上、「三浦しをん おすすめ売れ筋小説ランキングベスト10」でした!

合わせて、関連の人気記事も、是非参考に!↓

【人気】最高に面白い小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

【人気】泣ける!感動小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

【人気】青春小説おすすめ30選!感動・スポーツ・恋愛の傑作や名作は?

スポンサーリンク

この記事をシェアお気に入りに追加する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加