【改善】上司と部下のコミュニケーションで大事なことは?15人の方法まとめ

この記事をシェアお気に入りに追加する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

上司 部下 コミュニケーション

あなたも今、上司や部下と「うまくコミュニケーションがとれない…」と悩んでいませんか?

今回も15人の方にアンケート募集を行い「上司や部下とのコミュニケーションの取り方」で、意識しているポイントやコツを教えていただきました。

職場では価値観の違った人間や、異性の違いなど人間関係の悩みも多々あります。

そんな中で「こうしたら仕事がうまくいくようになった」など、実際の経験談をもとに語っていただきました。

今よりも職場での関係性を改善したいと思っている方は、ぜひ参考にご覧ください。

※アンケートは2018年4月に実施。経験者15名の方にご協力頂きました。

スポンサーリンク

【改善】上司と部下のコミュニケーションで大事なことは?15人の方法まとめ

上司と部下のコミュニケーション1

会話の話題を少し覚えておくのが大事。

20代女性02
(24歳女性)

20代の営業職です。

男性の上司が多い職場環境で、比較的若い世代の上司が多かったのですが、飲み会などで会話の話題が思いつかず悩んでいました。

そのときに、まずは上司の普段会話の中から広げられそうな話題をとにかく覚えているという方法で少しですが会話がしやすくなりました。

例えば、本をよく読む人ならオススメの本を教えてもらう。

よく飲みに行く人ならオススメのお店を教えてもらうなどです。

ポイントは、日常の少しの話題を覚えておいて上司に対して興味があることを伝えるだけです。

会話の話題を少し覚えておくだけでうまくいきました!ぜひ実践してみて下さい。

▼参考ページ

転職本の「Amazon」売れ筋人気ランキングはこちら

上司と部下のコミュニケーション2

失敗したことを叱らなくてはならない場合には…

30代女性02
(34歳女性)

30代の中間管理職です。

職場の年齢層が若いこともあり、職員の気持ちを盛り立てて楽しく仕事ができる環境作りを心掛けています。

会社は教育機関なので、生徒と接することも多いのですが、生徒に関しては「教えてもらうこと」が仕事なので、指導したり時に叱らなくてはならない時にもすんなり受け入れてくれます。

若い社員に対しての方が気を使って接しているのが実情ですね。

新入社員はまだまだ若く知識も経験もないのですが、この情報社会の中で自分の権利に関してはとても敏感です。

また社会人、“大人”ということで窘められたり、叱られたりすることにも、ものすごく抵抗があるように感じます。

同じ内容を伝えるにしても、言い方が厳しかったり、丁寧さが足りないと、すぐに離職を考える場合が多いように感じます。

どうしても失敗したことを叱らなくてはならない場合には、他の社員のいる場所ではなく個別で呼び出して対応するのがよいです。

そうしないと「公開処刑された」と言って、必要以上に根に持ってしまうようです。

伝え方が9割』という本が大変参考になりました。

いまは若い社員は、生徒と思って接しています!

上司と部下のコミュニケーション3

上司も人生の先輩であり、会社の先輩。

30代男性02
(33歳男性)

ファミレス店長33才です。

社歴は10年。過去様々な上司と関わってきましたが、オフィシャルな場(会議や、研修等)とそうでない場で態度対応は区別するべきと思います。

オフィシャルの場では数字に対する厳しい指導や評価は当然される場所と割り切る。

かしこまって、聞き入る。

オフィシャルではない場所では逆に話しかけまくります。

ご機嫌をとっていると思われるのかもしれないですが、上司も人生の先輩であり、会社の先輩。

自分の知らない世界や経験を話してくれるような話しかけ方をします。

例えば通勤時間何してますか?なんていうことから、店従業員についての対応についてどうしたらいいでしょうか?など。

ここで肝に銘じてるのが、「聞いたことをそのまま行動にしない」です。

あくまで参考にして、自分の言葉に噛み砕いてから納得して行動するようにしてます。

コツになるのかわかりませんが、苦手だったり嫌な人だったりしても相手は人間。

フェイストゥーフェイスが一番いい関係を作れると思ってます。

上司と部下のコミュニケーション4

何かあっても適当に受け流すようにしています。

30代男性02
(34歳男性)

私は現会社で20代のころから現在に至るまで、とにかく周りからは嫌われている上司に気に入られてきました。

その上司が移動すると一緒に私も同じ場所に移動させられてきました。

周りからはなぜその上司とうまく付き合えるのか?とよく尋ねられるのですが、特に変わったことは行っていません。

もちろん嫌味なことや理不尽なことなど多々言われるのですが、基本的には何か言われても決して否定しないことを心がけています。

仮に自分が失敗したとしても決して言い訳はしないようにしています。

この2つを心がけて、あとは何かあっても適当に受け流すようにしています。

そしたら自然とストレスもたまることもなく嫌な上司とでもうまく付き合えています。

上司と部下のコミュニケーション5

深すぎるつながりは持たない方がいいと思っています。

40代女性02
(45歳女性)

45歳で中間管理職です。

上司や部下とのコミュニケーションは大切だと感じています。

が、深すぎるつながりは持たない方がいいと思っています。

家族や恋愛のことなど、本人自信のこと以外はきいたり興味を持たないようにしています。

その代わりに、本人が言っていたことは仕事に関係が無くても覚えておいて「花粉症はどう?」「テニス上達した?」と、コミュニケーションの話題にしています。

メールやLINEでも、多少の季節のあいさつなどを盛り込むことにしています。

うっとうしくない程度には、お互いを忘れていませんよというような意思表示は大切ではないかと思っています。

上司と部下のコミュニケーション6

出世をあきらめ現場の味方をするように心がけました。

40代男性02
(47歳男性)

飲食店のエリアマネージャーをやっていました。

基本的には人件費のコストダウンの為に各店長には無理をいってきました。

結果当然ですが激しい反発か無視をするような状態に陥り悩んでいました。

原因として、私が会社と現場の両方に良い顔をしようとしていたことが一番の原因ということに気がつき、出世をあきらめ現場の味方をするように心がけました。

具体的には主に人件費の問題が多いので、積極的にワーカーとしてシフトに入り店長を休ませる事に力を入れました。

もちろん現場を離れて長いですから高校生のアルバイト以下の仕事しか出来ませんがそれでも少しずつ関係は良くなってきました。

ただ管理職として店長をしからないといけない場面は多くその度に距離は離れていきます。

が一年二年とやっていくうちに気がつけば店長が自分から人件費の管理を始めており私はシフトに入っていると逆に

「やらなくて大丈夫です。すみません」

などの言葉を聞けるようになっていました。

結局は上司、部下ではなく同じ仲間で担当する仕事が違うだけ。

ということをお互いに意識出来るように、同じ空間で同じ温度感でなければいけないのだなと勉強させられた時期でした。

上司と部下のコミュニケーション7

「今日は挨拶をしてこなかった」ではなく、自分から挨拶をしてみる。

20代女性02
(28歳女性)

現在、20代後半の主任を務めています。

入社して3年目で主任職を頂き、それまでは一生懸命上司のためにと頑張ってきました。

主任職になって半年、私は部下を持ちました。

22歳の新卒社員で帰国子女だったために、日本の社会ルールもわからず、何から教えればよいのかわからなくなり部下への教育に悩んでいました。

そして私は上司に「どのようにしたら上手く部下とコミュニケーションが取れるのだろうか」と尋ねました。

すると上司は「あまり深く考える必要がない。自分が一生懸命仕事をしていれば、部下はそれを見て尊敬し自然と頼るようになる。」とアドバイスをしてくれました。

それまでは必死でコミュニケーションを取らなきゃと思い、「今日は何を話そう」とか「どのように仕事を頼もう」等いちいち気にしていましたが、上司から言われた一言で楽になりました。

「今日は挨拶をしてこなかった」ではなく、自分から挨拶をしてみる。

余計な心配や気遣いをするのではなく、自分の仕事を一生懸命行う。

そうしていたら今となってはプライベートの話までできるほど仲良くなり、慕ってくれるようになりました。

上司と部下のコミュニケーション8

「まだ終わらないの?」とお小言を言われます。

30代女性02
(37歳女性)

現在37歳、事務職をしています。

私の上司は自分が一番正しいと思っている人で、間違えた書類を渡されても間違えていますよと言えない人です。

間違えを訂正し自分が処理をしていると「まだ終わらないの?」とお小言を言われます。

あなたが間違えたから直してから処理したから遅くなったんだよ!と言いたくなりますが言うと「本当に私?」と自分の否は認めずいもしない犯人探しを始めるため、面倒くさいため誰も言わないという現状。

でも比較的ミス率が高い方。なんとかしなければと思った時、新卒で入ったほんわかゆとりちゃんに間違えを大きな声でズバっと言われ

「〇〇さん、間違え多いけどみんな怖くて言えないんですよ〜〜」

って言われてから少し謙虚になりましたね。

ゆとりちゃんに感謝!空気を読んだのか読めないのか?とっても助かりました!

上司と部下のコミュニケーション9

正しい上司についていく。

20代女性02
(29歳女性)

現在、29歳の正社員です。

普段の会社生活については基本的に問題はないのですが、休憩中や飲み会の場等での上司との接し方について一時期悩んだことがありました。

一般的にも女性の上司には多いとは思いますが、職場内での悪口です。

新入社員の時等は、その上司の話を鵜呑みにしがちで

「そうなんですか、○○さんには気を付けます」

等と話を合わせることが多いと思いますが、その結果その上司に仲間意識を持たれてしまいその他のまともな上司に遠巻きで見られたりしたこともありました。

部下の立場で上司を見極めるのもなかなか難しいことだとは思います。

ですが、正しい上司についていく。ということは大事だと感じました。

それからは上司とのコミュニケーションはみんなとまんべんなく、あまり話に深く立ち入らないようにし、総合的に判断して反応するようにしています。

上司と部下のコミュニケーション10

会社が戦場、という気持ちで働いています。

40代男性02
(47歳男性)

40代の管理職ですが、社内でも、お客さんとコミュニケーションを取るように、マナーに気を付けて話すようにしています。

上司に対しては「仕事の場を与えてくださってありがとうございます」と最大限敬意を持って接するようにしています。

部下の人に対しては指示だけ出して終わり、ということはしないようにしています。

ちゃんと意識的に雑談し、その際は特に相手に話させるようにしています。

今どきの若い人は、頭ごなしに説教をしても聞きませんので自分が話す時は相手が笑えるような、または面白がるような話をするようにしています。

普段客先で十分気遣いしているので社内では気を使いたくないなんてことは思わずに、会社が戦場、という気持ちで働いています。

上司と部下のコミュニケーション11

ありがとうのチカラ。

20代女性02
(28歳女性)

現在28歳、保育士をしている女性です。

保育士は女の職場ということもあり少しの事でも妬み僻みが起きやすく、また噂話になると一気に広まってしまいなかなかシビアな世界です。

だからこそ、後輩、先輩、正社員、パート関係なく徹底していることがあります。

それはお礼です!ちょっとしたことや、当たり前の事でも必ず「ありがとう」「○○さんのおかげで助かった!嬉しい!」と一言声をかける。

またはメモやLINEでも構わないので必ず伝えることです!

ここでポイントなのは必ず相手の名前を入れて伝えること。

そうすることで、相手はより特別感を味わえ、満たされます。

この一つの気配りだけで周囲の環境が変わるので頑張ってくださいね!

上司と部下のコミュニケーション12

さりげなく聞いてあげること。

40代男性02
(45歳男性)

45歳、中間管理職です。

私の場合、部下が全員女性の為コミュニケーションをの取り方を妻や知人女性から聞いたりしています。

部下の中には既婚者も居るため、家族(ご主人・子供)の事をときより気にかけて話す等しています。

時期的にお子さんの進学や卒業の事など作業の間に、さりげなく聞いてあげ自分で経験のある事であればアドバイスもします。

だだし、アドバイスや相談を受けたら後日必ず、その事をこちらから結果や進展状況等を聞いてあげる事です。

そうする事により次回からは部下の方からアドバイスを持ちかけてきたりします。

職場を離れるとそれぞれ生活環境が違いますから、その家庭環境を想定して接してあげると良い関係が出来るのではと思います。

上司と部下のコミュニケーション13

相手の機嫌を見て話すようにしたら、うまくいきました。

20代女性02
(29歳女性)

現在20代後半で入社9年目です。

入社当時に指導してくださった方は、良くも悪くもその時の気分が態度に出る方で最初は中々コミュニケーションが取れませんでした。

指導担当ではない方も気にかけてくれたので、そのタイミングでどのようにコミュニケーションを取るべきかアドバイスをもらい、それからうまくいきました。

まずは指導していただくときに、基本ですがメモを取る。

相手の目をみてしっかりと話を聞く。

相槌は少し大げさに、話をしっかりと聞いていることが相手に伝わるようにを心がけました。

機嫌が悪そうな時は口数が少なく分かりやすかったので、そのタイミングでは出来る限り話しかけない様にしました。

相手の機嫌を見て話すようにしたら、うまくいきました。

上司と部下のコミュニケーション14

不機嫌そうな態度や話しかけないでというオーラはいらない。

20代女性02
(28歳女性)

職場の雰囲気にもよるのかとは思いますが、私の職場の部署ではは40代から20代と割と若めの部署です。

上司の方と話すときはまずしっかり顔を上げて話すことや言葉づかい、物の言い方には気をつけています。

基本的な事ですがそこが大事だと思います。

上手く伝えられるかは置いておき、まず相談や報告、連絡何でも話してみることから始めてみることです。

上司に自分自身がどんな人なのかを知ってもらうことで今後コミュニケーションを取りやすくなるのではないでしょうか。

部下と話すときは部下が相談しやすいような雰囲気をつくったりと意識はしています。

不機嫌そうな態度や話しかけないでというオーラ、イライラ感、突き放すような物の言い方は自分自身の価値も下げてしまいます。

なのでしないように気をつけて部下と接しています。

上司と部下のコミュニケーション15

仕事を早く正確に覚えようという向上心が大事!

30代女性02
(30歳女性)

以前勤めていた職場でのことです。

経験のない職種だったこともあり、わからないことがたくさんありました。

指導係の上司が付いてくれて色々教わりました。

でもそれぞれが忙しいので重要事項だけとかルーティンとか大体こんな感じというような教え方でした。

日々業務をこなしていく中で、報告、連絡、相談は必要だということを学びました。

迷ったけど聞かずに作業を続けていたら間違えててやり直しになったり、結果報告をしなかったことで迷惑をかけたりしました。

上司の立場となったときのことを考えると申し訳ない気持ちです。

その気持ちも大事だし、仕事を早く正確に覚えようという向上心も大事です。

以上がアンケートの結果となります。

参考になりましたか?

ご協力頂いた方の貴重な体験談が、あなたの暮らしのヒントになれば嬉しく思います。

▼以下は、同じジャンルでよく読まれている人気記事です

人気 【後悔】転職しなきゃよかった…!転職して失敗した15人の体験談とは?

人気 転職うまくいかない!疲れた…という人に読んでほしい15人の苦労話

人気 転職を繰り返すことのメリット・デメリットは?15人の【体験談】まとめ

人気 【転職初日】に絶対心がけておきたい7つの大事なポイントとは?

人気 15人のストーリーに迫る!結婚が理由で転職をした経験談とは?

人気 【例文どうぞ!】転職お祝いのメッセージやメールで使える文例25選!

スポンサーリンク

この記事をシェアお気に入りに追加する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加