フリーターの生活は不安で大変!30代も含めた5人のリアルな回答

この記事をシェアお気に入りに追加する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フリーター生活不安で大変

あなたも今、フリーターというキーワードで悩んでいませんか?

今回は「フリーターの生活はどうでしたか?」という質問で5人の方にアンケート募集を行い、実際の体験談や本音を語っていただきました。

他の人の悩みごとや人生の事情って、ちょっと気になりますよね。

現在、フリーターという状況について悩んでいる方は、よければぜひ参考にご覧ください。

※アンケートは2018年9月に実施。

今回はフリーターの経験がある5名の方にご協力頂きました。

スポンサーリンク

フリーターの生活は不安で大変!30代も含めた5人のリアルな回答とは?

フリーターの生活は不安で大変だったと語る体験談1

不安でいっぱいなのに、親からの嫌味や小言が、とにかく苦痛でした。

20代男性
(30歳男性)

20代後半に身体を壊し、正社員を辞めてから、アルバイト生活を2年間してました。

実家暮しだったので毎日家に居ずらく、出来る限り言葉も交わさないような生活をしてました。

もう早くここからに抜け出すには「結婚しかない!」と思って婚活にも精を出し、縁があって、今の家庭を、持つことになりました。

フリーターでいることに正直不安なのに、社会からも親からも人として認められず、ボロカスのように言われるので辛かったですねー、ハッキリ言って。

フリーターでいるだけで、普通の人と思ってもらえない感じの世の中でした。

特に田舎はやたらと「ご近所の噂の種」になり親からかなりの嫌みを、言われました。

なので生まれ育ったところから離れられる、転勤ある方を選びましたね。

今は、大変だった親からの嫌みからも解放され、のびのびしています。

フリーター関連で人気がある本は?

フリータージャンルの人気本「Amazon」売れ筋はこちら>>

フリーターの生活は不安で大変だったと語る体験談2

「フリーターだから責任がない」という一言がショックで。

30代女性
(42歳女性)

高校を卒業して就職し数ヶ月で辞めてしまい、それからはずっとフリーターをやっていました。

今はパートナーを見つけて専業主婦のような生活をしています。

ですが、当時は働いている内容は社員並なのに、ボーナスや有給もなく安い時給で働いていました。

みんながお金貯めて海外旅行やブランドものを買っている時には「悔しいなーとか羨ましいなー」とか思いながらやっていました。

とにかく不安で一杯な毎日だったのに、それでも正社員で探そうとか考えられない自分に対しても「情けないな…」とも感じていました。

1番苦しかった事は社員さんに言われた一言ですね。

「バイトだからいつ辞めてもいいし責任ないからいいよね」って。

バイトでも責任持ってやっていたつもりだったし、好きでそのバイトをやっていたので、これは辛かったですね。

フリーターの生活は不安で大変だったと語る体験談3

何も勉強しない自分がいけなかったんです。

50代女性
(52歳女性)

バブルの真っ只中なのに、自分の時間を優先して低賃金でバイトしてました。

同じ短大を卒業した友人は、正社員で事務職でした。

が、年三回のボーナスや毎年の海外への社員旅行など同じ21才なのに明らかな格差。

その当時は社会保険などの福利厚生についても不勉強で、低賃金の上に自腹の国民年金と健康保険の支払い。

毎週どこかへ遊びに行くわ飲みに行くわで貯金ゼロ。もう不安で不安で。

その後、これでは行かんとハローワークに通い就職しました。

現在は50代になり、フルタイムパートで若い時よりは真面目に働いております。

しかし職場で気になるのが、二十歳前後のフリーター君が増えているなという状況。

スーパーなので、年中人手不足でもあり採用のハードルは低いです。

その分、社員の1/3ぐらいの時給で目一杯働かされている現実。

若いときには二、三年先の生活は想像しにくいと思いますが、見極めて期間を設定していつでも次に進める準備は必要ですね。

フリーターの生活は不安で大変だったと語る体験談4

色々あったけど、今はあの決断は間違ってないと言い切れますね

40代女性02
(39歳女性)

私にもフリーターの時期がありました。

大学卒業後、事務の仕事に就いていましたが、遠距離恋愛だった彼のもとに行くことを決心!

とにかく不安でしたが、それから仕事を辞めて、結婚するまでの間がフリーターでした。

初めは楽しいことも多く、自分で決心したことだったので迷いなく暮らしていくつもりでしたが、少し落ち着いてきた頃、なんだか自分が中途半端な気がして嫌になってきました。

世間からは、婚約をしているわけでもない、ただのフリーターという目で見られている気がして、自信喪失ぎみでした。本当はすごく大変なのに!!

やりがいのある事務の仕事をしていたので、その頃に戻りたくなることが度々ありました。

特に辛かったことは、実家と元職場のある地元に帰って、活き活きとした友人たちに会うことでした。

選択を間違ったかな、と考えさせられる瞬間でしたねー。

しかし、フリーター中はいろんなことに目を向ける良い機会でもありました。

今はその遠距離だった彼と結婚し、家庭を築いています。

この幸せがあるのは当時の私の決断があったからこそで、何が良い方向につながるかわからないな、と思いました。

どんな立場でいようと、とりあえず前を向いて進んでさえいれば、今以上の何かを見つけることができる気がします。

フリーターの生活は不安で大変だったと語る体験談5

自分を見つめ直すには、いい時間だったと思ってます。

20代女性
(24歳女性)

昨年、アパレル会社に勤めフリーターを卒業した27歳の女です。

前の会社を会社都合で辞めたあと、次は好きなことをしたいとスキルを身につけつつ、会社を探しておりました。

が、なかなか初心者をとっていただけるところがなく…。

一年間ほどの期間、フリーターをしていました。

新卒で入ってすぐ仕事を辞めたので、周りの人から「どう思われるだろう?」という不安な気持ちもあり、あの頃は相当に不安な日々を過ごしましたね。

それに、友達がみんな頑張っている中でフリーターをしていたので、恥ずかしい気持ちやもどかしい気持ちがあり、仕事が決まらない毎日を過ごしているのがとても苦痛でした。

新卒でしたので、お金もなく、親にも迷惑をかけてしまったのでとりあえず早く次の就職先を見つけることに必死でした。

ただ、必死すぎて、手当たり次第に探しているときに本当にそれでいいのかと思い、自分の本当にやりたいことをもう一度考え直したんです。

そして考えた結果、フリーターの間に自身のスキルを身につけることに力を入れました。

そのおかげで、今はアパレル会社で企画に入り、ずっとやりたかったデザインなどもやらせていただいております。

以上がアンケートの結果となります。

参考になりましたでしょうか?

ご協力頂いた方の貴重な体験談が、これからの生活のヒントになれば幸いです。

以下は、同じジャンルでよく読まれている人気記事です
あなたも今、フリーターというキーワードで悩んでいませんか? 今回は「フリーターという自分が嫌だった」というテーマでアン...

フリーターってクズ?そんな自分が嫌だったと話す男女17人の想いとは?

スポンサーリンク

この記事をシェアお気に入りに追加する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加