バスタオルが臭い…!原因や予防法は?嫌なニオイの取り方とは?

この記事をシェアお気に入りに追加する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バスタオルの臭い

「バスタオルが臭い・・・」

あなたも今、バスタオルの悪臭で悩んでいませんか?

実は、バスタオルの臭いの悩みは、細菌が大きな原因の1つとされています。

バスタオルが臭うと、不快な気持ちになりますよね。

生乾きや洗濯機の環境が良くないと臭うのは知っているけど、

「バスタオルの臭いが気になる時はどうしたらいいんだろう・・・」と思う方も多いのではないでしょうか?

普段の洗濯や洗濯機の状態が原因なら、

意識を変えるだけで変われるとは思いませんか?

そのためには、バスタオルが臭い原因をしっかりと理解する必要がありますよね。

今回は、そんなバスタオルの臭いの原因や改善方法をまとめました。

意識を変えること、洗濯のやり方を見直して、快適なバスタオルにしましょう!

スポンサーリンク

バスタオルが臭い!臭う原因とは?

バスタオルが臭い原因は「細菌」

バスタオルの臭いの原因

バスタオル、何回洗っても臭う・・・という悩み。

その理由の最たるものは「細菌」だとされています。

洗濯をしても、細菌をどうにかしなければ、

洗ったばかりのタオルから悪臭を取り除くことはできないんです。

カビ菌などの細菌は、空気中の湿気などを解消しなければなくすことはできません。

洗濯が終わってすぐに干さなければ、カビ菌は多く繁殖していきます。

洗濯機は、その環境から細菌が繁殖しやすい場所です。

洗濯した湿気を含むバスタオル、

そして洗い終わった後の洗濯機こそが、細菌を繁殖させている原因そのものなんです。

どうしてもニオイがとれない場合は、

新しいバスタオルを買い替えるのも1つの方法ですよ♪

人気のあるバスタオルは?

(こちらで人気のおすすめを一挙に紹介しています↓)

今回は、口コミでも人気の「バスタオル」の売れ筋やおすすめをまとめてみました! 比較ランキングでも評判のコスパに優れた価格の安い...

関連記事:【人気】バスタオルおすすめ10選はこれ!今治や評判のブランドは?

バスタオルが臭い原因は洗濯の方法が間違っている

バスタオルに臭いが付く原因は、細菌だけではありません

洗濯機の環境や洗濯の方法によっても、臭いの原因は考えられます。

普段の洗濯で、洗濯物を詰め込みすぎてはいませんか?

洗濯機はしっかりと汚れを落としてくれますが、

詰め込みすぎると十分に洗ってくれない危険が考えられます。

詰め込みすぎると、バスタオルなどの大きなものは十分に洗剤や柔軟剤を吸わなくなり、

悪臭の原因になることもあります。

洗濯の際は、詰め込みすぎないよう注意して行いましょう!

バスタオルの臭いを取る方法

バスタオルの臭いを解消する方法は様々考えられます。

ここからは、バスタオルの臭いをしっかりと落としてくれる方法をご紹介しますね♪

熱湯や煮沸を利用する

バスタオルのにおいを取る方法

簡単で最も効果的な方法は、

50度以上の熱湯を浴槽や大きめの容器に貯め、そこにタオルを浸す方法です。

お湯の中に洗濯用の洗剤を入れることで、より効果的に消臭することができますよ。

2時間ほど浸け置きしたら、後はいつもの方法で洗濯機を回すだけでOKです。

細菌は熱に非常に弱い特性を持っています。

熱湯に浸け置きするだけで、かなり効果的に悪臭を解消することができます。

「タオルが臭い」と悩んでいる人は、この方法を実践してみましょう。

バスタオルが小ぶりな場合は、大鍋に水を入れ沸騰させたものの中に入れ、

煮沸させる方法も効果的です。

熱湯は細菌に効果的だということを押さえておきましょう!

重曹・漂白剤を利用する

お湯の中に洗濯洗剤を入れる方法をご紹介しましたが、

洗濯洗剤以外を有効活用する方法もあることはご存知でしたか?

重曹や漂白剤を淹れる方法です。

しみ抜きで活用する程度の量をお湯の中にいれ、

洗濯を終えたバスタオルをお湯に浸け込みます。

お湯が冷めるまで十分に浸けた後は、

すすぎ洗いをしたのち、天日干しをすれば完了です。

しっかりと臭いを落とすことができます。

ですが、洋服によっては色落ちをしたり痛む場合があるので、

浸け置きできる素材なのかをあらかじめ確認しておきましょう。

コインランドリーを利用する

臭いの原因である細菌は、熱に弱い傾向にあります。

そこで、臭いを落とすために活用していきたいのが、高温で洗濯物を乾かしてくれるコインランドリーです。

悪臭がひどいバスタオルも、1度コインランドリーで洗濯・乾燥をするだけで、

臭いを解消することができるんです。

回した後は、柔軟剤や高温での乾燥によってふっくら仕上げることができます。

その後は、家庭で洗濯をする際、洗濯機の状態やタオルの洗い方に気をつけつつ、

臭いが気になったときはコインランドリーに行くだけでOKです!

バスタオルの悪臭の予防法はあるの?

では、ここからは、悪臭のさらなる予防方法について見ていきたいと思います!

しっかりと方法を押さえておきましょう。

バスタオルの悪臭予防は洗濯層の掃除をこまめに行う

バスタオルの臭い予防法

洗濯層は、定期的に洗っていますか?

臭いの原因となる細菌は、洗濯物だけでなく、洗濯槽にも繁殖してしまいます。

そこで、バスタオルの悪臭を消すためには、定期的に洗濯槽もきれいに整える必要があるんです!

まずは、60度ほどのお湯を洗濯槽に張ります。

その後、粉末状の漂白剤や洗剤を入れて数分間だけ洗濯機をまわしましょう。

洗剤を隅々までいきわたわせた後は、運転をやめ、1日放置します。

翌日、何も入れずに洗濯機をから洗いするだけで掃除が完了します。

この方法を活用すれば、洗濯槽の中の細菌をすべて殺菌することができるんです!

細かい部分はブラシを使うなどしてきれいにすれば、隅々まできれいにできますよ。

洗濯機の蓋は開けておく

突然ですが、洗濯が終わった後の洗濯機、蓋はどうしていますか?

「当然蓋は閉めている!」という方がほとんどのようです。

しかし、洗濯をした後に蓋を閉めておくことで、中の水分が十分に乾燥されず、中で細菌の繁殖場所となってしまっています。

菌を繁殖させる環境を自分で作っていませんか?

洗濯が終わった後は、かならず洗濯機の蓋は開けておくようにしましょう。

十分に乾燥されたとわかったあとのみ、閉めるようにしてください。

この心掛け1つで、悪臭の原因を未然に防ぐことができます。ぜひ実践してみてくださいね。

バスタオルはすぐに干すことが大切!

洗濯機の中は、細菌が繁殖しやすい環境になっています。

適した環境下では、短時間でも十分な数の細菌が繁殖してしまい、危険です。

そのため、洗濯ものを数十分洗濯機の中で放置するだけでも、

洗濯ものに細菌が繁殖してしまうのです!

せっかく洗濯したのに、これでは意味がありませんよね。

洗濯が終わったら、なるべく早く洗濯ものを干すように心がけましょう。

時には「少し休んだら干そう…」と思うことがあります。

休憩することは時には必要ですが、洗濯を干すのをさぼると、

悪臭が発生し、その後さらに面倒なことになります、注意してください。

考え方次第では、洗濯ものをすぐに干すことは臭い対策として最も簡単な方法でもあります。ぜひ実践していきましょう。

関連記事:シャワーヘッドおすすめ10選はこれ!節水効果で人気の売れ筋は?

まとめ

以上、バスタオルが臭う原因と対策をご紹介しました。

バスタオルは、ひどい場合悪臭を発生させ、

洗濯を重ねても臭いを落とすことができなくなります。

そうなる前に、普段の洗濯法や環境を見直し、

正しい洗濯や掃除を行っていけば、次第に悪臭を改善することができるんですよ。

正しい知識を身に付ける事で、

簡単に細菌をなくし、清潔な状態のバスタオルにすることができるんです。

正しい方法の洗濯や洗濯機のケア方法を学び、きれいでふわふわのバスタオルになるよう、ぜひ実践してみてくださいね。

どうしてもニオイがとれない場合は、

新しいバスタオルを買い替えるのも1つの方法ですよ♪

人気のあるバスタオルは?

(こちらで人気のおすすめを一挙に紹介していますので、合わせてどうぞ↓)

今回は、口コミでも人気の「バスタオル」の売れ筋やおすすめをまとめてみました! 比較ランキングでも評判のコスパに優れた価格の安い...

関連記事:【人気】バスタオルおすすめ10選はこれ!今治や評判のブランドは?

スポンサーリンク

この記事をシェアお気に入りに追加する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加