辻村 深月おすすめ小説!売れ筋人気ランキングベスト10!

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

今日は、人気作家「辻村 深月」さんのおすすめ小説をランキングでまとめてみました!

辻村 深月さんと言えば、ツナグや映画化もされ小説の名言なども人気。面白いと話題の小説から感動、青春、恋愛など色々ありますので、是非参考に!

【人気順】辻村 深月おすすめ売れ筋小説ランキングベスト10!

今回は、レビュー数の多い人気順で紹介します!

是非、参考にどうぞ!

10位 名前探しの放課後

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)

他の作品とリンクする!この小説は順番の最後に読みたい人気作!

依田いつかが最初に感じた違和感は撤去されたはずの看板だった。「俺、もしかして過去に戻された?」動揺する中で浮かぶ一つの記憶。いつかは高校のクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかける。「今から俺たちの同級生が自殺する。でもそれが誰なのか思い出せないんだ」二人はその「誰か」を探し始める。

★★★★★20件超えのレビュー

詳しく見てみる

9位 島はぼくらと

島はぼくらと (講談社文庫)

別れるときは笑顔でいよう。。。辻村 深月が描く感動の1冊!

瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐー。

★★★★★30件超えのレビュー

詳しく見てみる

8位 朝が来る

朝が来る

ドラマ化もされた、辻村 深月が送る社会派ミステリーの人気作!

「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。

★★★★★50件超えのレビュー

詳しく見てみる

7位 鍵のない夢を見る

鍵のない夢を見る (文春文庫)

イタイ女たちの話が面白い!一気読み間違いなしの辻村 深月人気作!

どうして私にはこんな男しか寄ってこないのだろう?放火現場で再会したのは合コンで知り合った冴えない男。彼は私と再会するために火を?(「石蕗南地区の放火」)。夢ばかり追う恋人に心をすり減らす女性教師を待つ破滅(「芹葉大学の夢と殺人」)他、地方の町でささやかな夢を見る女たちの暗転を描き絶賛を浴びた直木賞受賞作。

★★★★★50件超えのレビュー

詳しく見てみる

6位 ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

読み終わる時、タイトルの意味が分かって涙する。。。

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。

★★★★★60件超えのレビュー

詳しく見てみる

5位 冷たい校舎の時は止まる

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)

辻村深月が贈るデビュー作品!面白いと人気の青春小説!

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。第31回メフィスト賞受賞作。

★★★★★60件超えのレビュー

詳しく見てみる

4位 ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

こちらも人気!次から次へと謎を呼び新たな事件を起こす!熱血お仕事小説!

伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と次々にヒットを飛ばすプロデューサー・行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ハケンをとるのは、はたしてどっち?

★★★★★70件超えのレビュー

詳しく見てみる

3位 ぼくのメジャースプーン

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

面白い、感動した!など評価も多数。辻村 深月が送る自信作!

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった――。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に1度だけ。これはぼくの闘いだ。

★★★★★70件超えのレビュー

詳しく見てみる

2位 凍りのくじら

凍りのくじら (講談社文庫)

辻村ワールド、最高傑作とも言われる人気作!

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。

★★★★★80件超えのレビュー

詳しく見てみる

1位 ツナグ

ツナグ (新潮文庫)

これは泣ける。。!第32回(2011年) 吉川英治文学新人賞受賞作品!

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員……ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

★★★★★100件超えのレビュー

詳しく見てみる

最後に

以上、「辻村 深月おすすめ売れ筋小説ランキングベスト10」でした!

合わせて、関連の人気記事も、参考に是非!↓

【人気】最高に面白い小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

【人気】泣ける!感動小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

【人気】青春小説おすすめ30選!感動・スポーツ・恋愛の傑作や名作は?

スポンサーリンク

この記事をシェアお気に入りに追加する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらの記事もよく読まれています