重松 清おすすめ小説!売れ筋人気ランキング名作ベスト10!

とんび (角川文庫)

今回は、人気作家「重松 清」さんのおすすめ小説をランキングでまとめてみました!

重松 清さんと言えば、感動して泣ける作品が有名で映画化やドラマ化された小説も人気。面白いと話題の名作小説から感動、青春など色々ありますので、是非参考に!

【人気順】重松 清おすすめ売れ筋小説ランキングベスト10!

▼人気の小説やコミック、雑誌が好きなだけ読み放題▼

注目【30日間無料】初回限定体験ページを見てみる≪

今回は、レビュー数の多い人気順で紹介します!

是非、参考にどうぞ!

10位 定年ゴジラ

定年ゴジラ (講談社文庫)

老朽化したニュータウンで第2の人生を歩み始めた、定年4人組の物語。

開発から30年、年老いたニュータウンで迎えた定年。途方に暮れる山崎さんに散歩仲間ができた。「ジャージーは禁物ですぞ。腰を痛めます。腹も出ます」先輩の町内会長、単身赴任で浦島太郎状態のノムさん、新天地に旅立つフーさん。自分の居場所を捜す四人組の日々の哀歓を温かく描く連作。「帰ってきた定年ゴジラ」収録の完成版。

★★★★★40件超えのレビュー

詳しく見てみる

9位 十字架

十字架 (講談社文庫)

第44回(2010年) 吉川英治文学賞受賞作品!

いじめを止めなかった。ただ見ているだけだった。それは、「罪」なのですか――?自ら命を絶った少年。のこされた人々の魂の彷徨を描く長編小説。
いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。そして、のこされた家族は、僕のことをゆるしてくれるだろうか。吉川英治文学賞受賞作。

★★★★★60件超えのレビュー

詳しく見てみる

8位 卒業

卒業 (新潮文庫)

それぞれの「卒業」を経験する家族を描いた四編。著者の新たなる原点。

「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと、亡き親友との青春時代の思い出を語り始めたのだが――。悲しみを乗り越え、新たな旅立ちを迎えるためにー。

★★★★★60件超えのレビュー

詳しく見てみる

7位 青い鳥

青い鳥 (新潮文庫)

本当にたいせつなことは何かを教えてくれる、感動の物語。

村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家庭を知らずに育った生徒──後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添うー。

★★★★★80件超えのレビュー

詳しく見てみる

6位 きよしこ

きよしこ (新潮文庫)

大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい、珠玉の少年小説。

少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと──。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。

★★★★★90件超えのレビュー

詳しく見てみる

5位 ビタミンF

ビタミンF (新潮文庫)

第124回(平成12年度下半期) 直木賞受賞作品!

このビタミンは心に効きます。疲れた時にどうぞ。「家族小説」の最高峰。直木賞受賞作!38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた……。一時の輝きを失い、人生の“中途半端”な時期に差し掛かった人たちに贈るエール。「また、がんばってみるか——」、心の内で、こっそり呟きたくなる短編七編。直木賞受賞作。

★★★★★90件超えのレビュー

詳しく見てみる

4位 きみの友だち

きみの友だち

何度読んでも感動して泣けると評判の、重松 清の名作!

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる――。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない……。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。

★★★★★100件超えのレビュー

詳しく見てみる

3位 とんび

とんび (角川文庫)

高度経済成長に活気づく時代と町を舞台に描く、父と子の感涙の物語。

昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。しかしその団らんは、突然の悲劇によって奪われてしまう―。アキラへの愛あまって、時に暴走し時に途方に暮れるヤスさん。我が子の幸せだけをひたむきに願い続けた不器用な父親の姿を通して、いつの世も変わることのない不滅の情を描く。魂ふるえる、父と息子の物語。

★★★★★200件超えのレビュー

詳しく見てみる

2位 その日のまえに

その日のまえに (文春文庫)

ボロボロ泣ける。。。とにかく感動して泣いてしまうと人気の感動作!

余命の告知を受けた妻と、新婚時代のアパートを訪ねる僕たち…「その日のまえに」。妻の最期を、二人の息子とともに見届ける「その日」。妻が亡くなった病院の看護師さんから、ある日、お目にかかりたい、と連絡がきた…「その日のあとで」。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか──。死と向かいあう人々の切なくもけなげな姿を描き、幸せの意味をみつめる連作短篇集。“王様のブランチ”で「BOOK大賞」を受賞した涙の感動作!

★★★★★200件超えのレビュー

詳しく見てみる

1位 流星ワゴン

流星ワゴン (講談社文庫)

思わず泣ける。。。重松 清が送る号泣必至な、感動の名作小説!

38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。
僕らは、友達になれるだろうか? 死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして――自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか――?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

★★★★★300件超えのレビュー

詳しく見てみる

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、好きなだけ読み放題で楽しめる

最後に、お得なサービスの紹介です。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、人気の小説から、コミック、漫画、ビジネス本に雑誌まで、好きなだけ読み放題で楽しめます↓

こちら、

まだ体験したことがない!という方は、

お得な30日間の無料体験があるので、この機会に体験してみては?

実際に私も試しましたが、色々な本が無料で読めてよかったですよ!

▼お得な30日間無料体験のページはこちらです▼

⇒ 30日間無料!【初回限定】体験ページを見てみる≪

以上、「重松 清おすすめ売れ筋小説ランキングベスト10」でした!

合わせて、関連の人気記事も、参考に是非!↓

【人気】最高に面白い小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

【人気】泣ける!感動小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

【人気】青春小説おすすめ30選!感動・スポーツ・恋愛の傑作や名作は?

スポンサーリンク

この記事をシェアお気に入りに追加する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加